トヨタ ランドクルーザープラドのフロントガラスリペア

フロントガラスリペア
トヨタ ランドクルーザープラド
トヨタ ランドクルーザープラド

フロントガラスリペアはどこで修理しても同じ仕上がりではありません。
修理業者によって差があります。
フロントガラスリペアはキレイな仕上がりに自信があります!!
修理の様子をお伝えします。

トヨタ ランドクルーザープラドのフロントガラスリペア

トヨタ ランドクルーザープラド
フロントガラスリペアをご依頼いただきました。

飛び石による傷の状態

傷の状態は・・・

ブルズアイというタイプの傷になります。
修理業者の間では比較的修理しやすいと言われていますが、傷の状態によっては注意が必要になる傷です。
表面カケもいくつかありますね。

いつものようにフロントガラスリペアで修理するリスクや注意点等を事前にしっかりとご説明させていただいて、ご了承いただきましたので早速修理に取り掛かります。

フロントガラスリペアのドリル処理

まずはドリル処理から取り掛かります。

フロントガラスリペアで修理する際に、このドリル処理は修理の仕上がりの良し悪しが決まる最も重要な工程です。
この処理を疎かにする修理業者は避けた方がいいと思います。

フロントガラスリペアのレジン注入

フロントガラスリペアキットを使用して、ヒビの末端までレジンを注入していきます。

ティーズフィルムのオリジナルリペアキットは、長年の修理経験に基づいて設計の段階からこだわって作ったものです。

「フロントガラスリペア講習」を受講していただいた方に低価格で販売させていただいています。

修理技術があれば、高額なリペアキットは必要ありません。
リーズナブルなリペアキットでも十分キレイに修理が出来ることは、ティーズフィルムの修理実績が証明しています。

可視光線ランプによるレジン硬化

レジンをヒビの末端まで注入したら、加圧を掛けたままの状態でガラスの内側・外側から可視光線ランプを使用してレジンを硬化させていきます。

フロントガラスリペアで修理した後に、ヒビが伸びては意味がありません。
もちろん完全な修理はありませんが、その可能性を低くすることを考慮すれば、加圧を掛けてヒビの末端までレジンを注入した状態で硬化させる必要があります。
そうなると可視光線硬化タイプのレジンがベストな選択だと思います。
他のレジンより仕入れは高くなりますが、修理においては絶対に譲れないところです。

フロントガラスリペアを依頼する業者選びの基準として、高額なリペアキットをアピールしている修理業者よりも、レジンを一番に重視して修理している修理業者をお勧めします。

フロントガラスリペアの修理完成

フロントガラスリペアによる修理の完成をご覧ください。

キレイに仕上がりました。

この度はフロントガラスリペアをご依頼いただきまして、ありがとうございました。
今後はガラス修理だけでなく、カーディテイリングサービスのことなら何なりとご相談いただければと思います。
よろしくお願い申し上げます。

飛び石等によってフロントガラスに傷が付いてしまった場合、そのまま放っておくと傷の内部に不純物が混入して修理の仕上がりに悪影響を及ぼすだけでなく、ヒビが伸びてしまう可能性が非常に高くなります。
傷が付いてしまったら、すぐにセロハンテープ等で傷口をふさいで早めにプロの修理業者に依頼しましょう。

ティーズフィルムには、他の修理業者さんで修理した傷の「再修理」のご依頼が後を絶ちません。
しかし、フロントガラスリペアは基本1回で仕上げるのがベストです。
再リペア出来る確率はかなり低くなり、フロントガラス交換をしなければならなくなっている方が続出していますので、修理業者選びは慎重に、決して価格の安さだけで選ばないことをお勧めします。

ガラス修理業者によって使用しているレジン・修理工法・仕上がりはまったく異なりますので、キレイな仕上がりで直せる修理技術はあるのか、修理後はヒビが伸び難い工法で直しているのか等々、事前にしっかりと確認した上で修理を依頼しましょう。

また、市販のリペアキット等を使用されるケースも多々見られますが、キレイに修理出来ている方を一度もありませんし、ほとんどの方がフロントガラス交換をする羽目になっています。
絶対にやめましょう。

修理の必要の有無の見極め方

表面が欠けているだけであれば修理しなくてもいいケースがあります。

修理が必要か否かの見極め方としては、この写真のようにガラスの内側に白いものをあててみて、黒いヒビがあるかどうかを見てみてください。
ヒビがある場合は直ちに修理を、ヒビがなければ様子を見ていただいて大丈夫です。

ご来店いただいて傷の状態を確認させていただくのが間違いありませんが、ご来店が難しい場合は 公式LINE から写真をお送りいただいて確認させていただくことも出来ます。
傷の位置がわかる写真と、傷のアップの写真が必要です。
※ ピントが合いにくい場合は、傷の横に指をおいて撮影すると撮りやすいと思います。

確実な修理技術によるフロントガラスリペアをご希望の方
他の修理業者で修理不可とを断られた方
フロントガラス修理のことなら広島市安佐南区のティーズフィルムにご相談ください。
お問い合わせ、お待ちしております。

電話によるお問合わせ

電話

LINEによるお問合せ

LINE

メールによるお問合せ

メール


施工管理スタッフ
新宅 健治(しんたく けんじ)

役職:店長

資格:自動車電気装置整備士・一級ガラス用フィルム施工技能士

専門:ガラス交換・フロントガラスリペア

カーフィルム・カーラッピングフィルム・カープロテクションフィルム・ガラス修理やフィルムサービスを担当し常にティーズクオリティーを追求するこの道25年以上のスペシャリスト!!
代表の弟でありいずれティーズフィルムの2代目になるリーダー的存在。

タイトルとURLをコピーしました